2010年06月

2010年06月の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ コピーと広告、情報の整理整頓 ■



ネットでお金を稼ごう!と思った方であれば、
「コピーライティング」という言葉を一度は
聞いたことがあると思います。


「コピーライティング」とは、結構みなさん勘違いがちなのですが、
要は、ちゃんと商品の内容を整理して、正しく分かりやすく伝えること。

よくやりがちな間違いにはこんなことがあります。

 ・商品の特徴や、コンセプトを紹介ページからそのまま使ってしまう。
 ・繰り返し同じ言葉で強調しすぎる。
 ・笑いに走ってしまう。
 ・自己満足な表現でおわってしまう。


コピーライティングに興味を持ったばかりのときは、
なんとかわかりやすく説明をしようとして、
逆に、難解な文章にしてしまいがちです。

単純にシンプルに、わかりやすい言葉で伝えること。

これを念頭においておかないと、
上記のような、間違いに陥ってしまい、
誰にも読まれない文章が作られてしまうのです。

そのためにも注意して、何度も何度も自分の書いた言葉を
見直すことが必要です。


有名な広告に書かれているコピーであったり、
文章術のようなコピーは別モノだと考えてください。

それをネットで使ってしまうと、
すぐに稚拙な広告表現になってしまいます。

安易な強調であったり、反復も読み手によっては
不要な表現であり、必要はありません。

ほとんどの訪問者は検索エンジンから訪問し、
ただ必要なものがそこにあればいいと思っています。

それが分かりやすく、自分の利益になればいいだけです。


▼:稼ぐために必要なものは、すべてここにあります。


 >> コピーライティングのすべてはここに。


久々のブログ更新でした。

今日も最後までご購読いただきありがとうございます。

応援よろしくです

人気ブログランキング



スポンサーサイト
■ 感情を動かす文章 ■



コピーをなぜあなたは、学ぼうと思うのですか?


「商品やサービスの魅力を伝えるため」
「自分の言葉によって、人に行動を起こさせたい」
「コピーが悪ければ、物はまったく売れないので…」


これはブログなので、
あえて感情を押さえて書いています。


なんらかの売りたい商品があったときに、
それを的確にかつ大胆に説明できる能力、
それこそがコピーライティングではありませんか?


そのためにも、


『その商品をよく知ること』


 ・実際に使ってみてどうだったのか?
 ・どうしてその商品に興味を持ったのか?
 ・あなたはなぜ、その商品を手に取り勧めたくなったのか?


『客観的な買い手の目線を考える』


 ・どういうところに不安を感じているのか?
 ・他の商品よりも優れている魅力はどこなのか?
 ・その商品の欠点を教えるとしたらどこなのか?


そして何よりも、あなた自身がその商品の良さを、
自然と本気で伝えたくなった、そのときの感情こそ、
あなたが書ける最大のコピーではありませんか?



>> 感情だけのコピーでは、売上は増えていきません。


今日も最後までご購読いただきありがとうございます。

応援よろしくです

人気ブログランキング




[Edit]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。